Top > グルメ情報 はた飯

グルメ情報 はた飯

はた飯
こだわりのカツオたたきを食べ比べ! こだわりのカツオたたきを食べ比べ!
ルーツは家庭料理。だから流儀は様々

高知の必食メニューといえば、何といっても「カツオのたたき」。地域や店によって味わいが異なるので、いろいろ食べてみるのがおすすめです。食べ比べに絶好のエリアが、県内切っての「たたき王国」として、グルメの間で噂になっている幡多。店毎のこだわりの味をぜひ幡多で食べ比べてみては?

カツオたたき
ほかでは味わえない「塩たたき」とは?

なかでも特筆されるのが、幡多の家庭料理として昔から愛されてきた「塩たたき」。高知県中部(高知市周辺)で「塩たたき」というと、塩をふるだけのシンプルなものですが、四万十市などでは塩と酢を効かせた透明なたれをたっぷりかけ、手でパンパンたたいて、味をなじませてからいただきます。幡多ではこれを「塩たたき」と呼び、居酒屋や郷土料理店でカジュアルに提供しています。高知市内のそれとはひと味違った感覚を覚える「塩たたき」です。幡多に伝わるソウルフードをぜひ味わってみてください。

どっちを食べる?両方食べる?

分厚く切った焼きたての切り身に、お好みによって特製たれか特製塩だれをかけて仕上げます。どちらのたれにも、柚の酢(ユズ果汁)などの柑橘類を効かせており、とってもいい香り…。たっぷりのった玉ねぎなどの薬味といっしょに、さっぱりとサラダ感覚で味わえます。「たれ」「塩だれ」どっちのたたきがお気に入りか、ぜひ食べ比べてください。

はたの家庭料理「塩たたき」
はたの家庭料理「塩たたき」

四万十市中心街にある老舗割烹
季節料理たにぐち
高知県四万十市中村大橋通4-50
営:11:30~ 13:00・17:00~21:30
休:日曜(祝前日の場合は翌日)
tel.0880-34-3388
MAP:googleマップを表示

幡多流「ご当地たたき」に感激! 幡多流「ご当地たたき」に感激!
幡多流「ご当地たたき」に感激!

看板メニューの塩たたきは、大将が祖母から作り方を伝授された思い出の料理。特注した専用の木製皿に切り身を並べ塩をふり、たくさんの薬味をのせて、酒やみりん、柚の酢などを調合した秘伝のたれをかけながら手でたたきます。 ここで特注の木製皿が大活躍。余分な塩分・水分が皿独特の構造で落ちる仕組みになっているのです。皿の上に残るのはカツオの脂と爽やかなたれが溶け合って、何ともいえない深~い味わい。これぞ幡多のご当地たたきです。

グルメ漫画『美味しんぼ』にも登場
厨房わかまつ
高知県四万十市中村愛宕町17
営:17:00~22:00
休:月曜
tel.0880-35-0051
MAP:googleマップを表示
カツオ選びもひと味違う!

高知でよく食べられているカツオのたたきの他、カツオの仲間で、カツオよりもさらに脂ののっているスマ(スマガツオ)のたたきも絶品!しかし、鮮度落ちが早いため、漁師町の近く以外ではなかなか食べることができないのです。幡多ではスマのほかに、ヨコワ(ホンマグロの子)などを使うこともあります。

香ばしさ、ピカいち!

スマのたたきは、身は小ぶりですが脂ののった身の表面にさっと火を入れると外側がこんがり、いい香りがしてきます。厚めに切って盛り付け、地元の柑橘類ブシュカンの柔らかい香りを効かせたたれ、もしくは塩だれをたっぷりかけます。ひと口食べれば、スマならではの濃厚な脂が口の中でジュワッ! ああ、たたきの世界は奥深い…と思わずうなずくことでしょう。

カツオ選びもひと味違う!
ドラマの舞台「天神橋商店街」からすぐ
割烹常連
高知県四万十市中村小姓町33
営:17:00~22:00
休:日曜(連休の場合は最終日)
tel.0880-35-2360
MAP:googleマップを表示
カツオ選びもひと味違う!香ばしさピカいち!
わら焼きたたき体験 番外編
一本釣り漁師町の体験&食事処

漁師のおかみさんたちが優しく指導してくれます。とびきり新鮮なカツオをさばいて、豪快にわら焼き。焼きたてのたたきは、まず、特産のミネラルたっぷり天日塩で塩たたきに。その後、酢を加えない佐賀独特のたれで食べましょう。ほかにも湯かけ(※1)、はらんぼ(※2)の塩焼きなど、カツオづくしの料理を味わえます。

(※1)湯かけ…ご飯のうえにたたきをのせて、湯をかけて食べる料理。
(※2)はらんぼ…腹の身。とても脂がのっています。

わら焼きたたき体験
漁師のおかみさんたちが優しく指導してくれます。とびきり新鮮なカツオをさばいて、豪快にわら焼き

黒潮一番館
高知県幡多郡黒潮町佐賀字海雲寺374-9
営:11:00~15:00
休:火曜(祝日は営業)、たたき体験は11月中旬~3月中旬は休み
tel.0880-55-3680
E-mail:k-ichibankan@shirt.ocn.ne.jp
料金:2~4名は1名4000円、5名以上は1名3200円、
3日前までに要予約
MAP:googleマップを表示

カツオのたたき名称の由来

どの店も盛り付け後に薬味やたれをなじませるために本当にたたく! これはカツオのたたきの名称の由来のひとつとも言われているが、改めて目の前で見ると、ちょっとした感動があります。

ジョン万にたたきづくりを教わろう!

「塩たたき発祥の地」を打ち出す土佐清水市。足摺沖で採れた新鮮なカツオを使って、たたき体験をしましょう。ジョン万次郎(※)に扮したスタッフによる面白いトークと日頃の料理でも役に立つ指導は、子どもから大人まで大喜び間違いナシ!料理の後は、塩のほか、特産のソウダガツオのだし醤油、柑橘類の小夏を使ったチリ酢で、焼きたてのたたきが味わえます。海をバックにカツオたたき体験で、漁師気分を味わって。

※ジョン万次郎…土佐清水市出身の幕末の偉人。海の駅あしずりには「ジョン万」の資料館を併設しているので、ぜひ波乱万丈の生涯に触れてみよう!

ジョン万次郎に扮したスタッフによる面白いトークと日頃の料理でも役に立つ指導
海をバックにカツオたたき体験で、漁師気分を味わって

海の駅あしずり
高知県土佐清水市養老303
営:10:30~(約90分、食事時間含む)
休:水曜
tel.0880-82-3155(土佐清水市観光協会)
料金:1名大人・4200円、小学生3500円
2名から実施で、3日前までに要予約
MAP:googleマップを表示

こだわりのカツオたたきを食べ比べ!

ルーツは家庭料理。だから流儀は様々。

高知の必食メニューといえば、何といっても「カツオのたたき」。地域や店によって味わいが異なるので、いろいろ食べてみるのがおすすめです。食べ比べに絶好のエリアが、県内切っての「たたき王国」として、グルメの間で噂になっている幡多。店毎のこだわりの味をぜひ幡多で食べ比べてみては?

カツオのたたき

ほかでは味わえない「塩たたき」とは?

なかでも特筆されるのが、幡多の家庭料理として昔から愛されてきた「塩たたき」。高知県中部(高知市周辺)で「塩たたき」というと、塩をふるだけのシンプルなものですが、四万十市などでは塩と酢を効かせた透明なたれをたっぷりかけ、手でパンパンたたいて、味をなじませてからいただきます。幡多ではこれを「塩たたき」と呼び、居酒屋や郷土料理店でカジュアルに提供しています。高知市内のそれとはひと味違った感覚を覚える「塩たたき」です。幡多に伝わるソウルフードをぜひ味わってみてください。

どっちを食べる?両方食べる?

分厚く切った焼きたての切り身に、お好みによって特製たれか特製塩だれをかけて仕上げます。どちらのたれにも、柚の酢(ユズ果汁)などの柑橘類を効かせており、とってもいい香り…。たっぷりのった玉ねぎなどの薬味といっしょに、さっぱりとサラダ感覚で味わえます。「たれ」「塩だれ」どっちのたたきがお気に入りか、ぜひ食べ比べてください。

「季節料理たにぐち」のカツオのたたき

四万十市中心街にある老舗割烹季節料理たにぐち

  • 高知県四万十市中村大橋通4-50
  • 営:11:30~ 13:00・17:00~21:30
  • 休:日曜(祝前日の場合は翌日)
  • tel.0880-34-3388
  • MAP:googleマップを表示

幡多流「ご当地たたき」に感激!

看板メニューの塩たたきは、大将が祖母から作り方を伝授された思い出の料理。特注した専用の木製皿に切り身を並べ塩をふり、たくさんの薬味をのせて、酒やみりん、柚の酢などを調合した秘伝のたれをかけながら手でたたきます。 ここで特注の木製皿が大活躍。余分な塩分・水分が皿独特の構造で落ちる仕組みになっているのです。皿の上に残るのはカツオの脂と爽やかなたれが溶け合って、何ともいえない深~い味わい。これぞ幡多のご当地たたきです。

「厨房わかまつ」のカツオのたたき

グルメ漫画『美味しんぼ』にも登場厨房わかまつ

カツオ選びもひと味違う!

高知でよく食べられているカツオのたたきの他、カツオの仲間で、カツオよりもさらに脂ののっているスマ(スマガツオ)のたたきも絶品!しかし、鮮度落ちが早いため、漁師町の近く以外ではなかなか食べることができないのです。幡多ではスマのほかに、ヨコワ(ホンマグロの子)などを使うこともあります。

香ばしさ、ピカいち!

スマのたたきは、身は小ぶりですが脂ののった身の表面にさっと火を入れると外側がこんがり、いい香りがしてきます。厚めに切って盛り付け、地元の柑橘類ブシュカンの柔らかい香りを効かせたたれ、もしくは塩だれをたっぷりかけます。ひと口食べれば、スマならではの濃厚な脂が口の中でジュワッ! ああ、たたきの世界は奥深い…と思わずうなずくことでしょう。

「厨房わかまつ」のカツオのたたき

ドラマの舞台「天神橋商店街」からすぐ割烹常連

  • 高知県四万十市中村小姓町33
  • 営:17:00~22:00
  • 休:日曜(連休の場合は最終日)
  • tel.0880-35-2360
  • MAP:googleマップを表示
わら焼きたたき体験 番外編

一本釣り漁師町の体験&食事処

漁師のおかみさんたちが優しく指導してくれます。とびきり新鮮なカツオをさばいて、豪快にわら焼き。焼きたてのたたきは、まず、特産のミネラルたっぷり天日塩で塩たたきに。その後、酢を加えない佐賀独特のたれで食べましょう。ほかにも湯かけ(※1)、はらんぼ(※2)の塩焼きなど、カツオづくしの料理を味わえます。
(※1)湯かけ…ご飯のうえにたたきをのせて、湯をかけて食べる料理。
(※2)はらんぼ…腹の身。とても脂がのっています。

黒潮一番館

黒潮一番館

  • 高知県幡多郡黒潮町佐賀字海雲寺374-9
  • 営:11:00~15:00
  • 休:火曜(祝日は営業)、たたき体験は11月中旬~3月中旬は休み
  • tel.0880-55-3680
  • E-mail:k-ichibankan@shirt.ocn.ne.jp
  • 料金:2~4名は1名4000円、5名以上は1名3200円、3日前までに要予約
  • MAP:googleマップを表示

ジョン万にたたきづくりを教わろう!

「塩たたき発祥の地」を打ち出す土佐清水市。足摺沖で採れた新鮮なカツオを使って、たたき体験をしましょう。ジョン万次郎(※)に扮したスタッフによる面白いトークと日頃の料理でも役に立つ指導は、子どもから大人まで大喜び間違いナシ!料理の後は、塩のほか、特産のソウダガツオのだし醤油、柑橘類の小夏を使ったチリ酢で、焼きたてのたたきが味わえます。海をバックにカツオたたき体験で、漁師気分を味わって。
※ジョン万次郎…土佐清水市出身の幕末の偉人。海の駅あしずりには「ジョン万」の資料館を併設しているので、ぜひ波乱万丈の生涯に触れてみよう!

海の駅あしずり

海の駅あしずり

  • 高知県土佐清水市養老303
  • 営:10:30~(約90分、食事時間含む)
  • 休:水曜
  • tel.0880-82-3155(土佐清水市観光協会)
  • E-mail:k-ichibankan@shirt.ocn.ne.jp
  • 料金:1名大人・4200円、小学生3500円2名から実施で、3日前までに要予約
  • MAP:googleマップを表示